画家の奥さん

昨日、昔、とてもお世話になった人と約5〜6年ぶりに再会をした。
富山市在住の画家、能島芳史さんの奥さんである。

ご主人である能島芳史さんの作品は、最古の油画技法であるフランドル技法で描かれている。ベルギーの王立ゲント美術大学でボッシュの模写を通してフランドル技法を修得され、
今は"風蝕(ふうしょく)"というテーマで制作をされている。
H25年金沢県立美術館での展覧会


【“画家の奥さん”の続きを読む】

2016.04.24 | | 作家/Artist

レリーフという作品表現

磯辺行久展SUMMER HAPPENING
2007年7月28日(土)-9月30日(日)
東京都現代美術館
展示公式HP

先日磯辺行久展を鑑賞してきました。
彼の存在を知ったのは、昨年の私の個展でのこと。
見に来てくださった方が教えて下さいました。
その彼女は、私の作品を見て、
「磯辺行久さんの作品で、ワッペンのシリーズがあるんだけど、それを思い出した」と。
その時から、何処に行けば彼の作品が見られるのかも分からぬまま、
彼の名前がずっと記憶の片隅にありました。
なんと、東京に滞在中に彼の展示があるというタイミングに恵まれ、
いざ行かん。


【“レリーフという作品表現”の続きを読む】

2007.08.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家/Artist

Glassy

高臣大介ガラス展
2007年4月12日-2007年4月17日
石の蔵ぎゃらりぃ はやし(札幌駅の北の方)

私、そもそも展覧会というものを観るのも何ヶ月ぶりでしょうか。
久しぶりにガラスの展示に行き、沢山のガラスに囲まれました。
彼の作品は、箸置きやグラス、花器で、全て透明。
泡が入っていたり、角が付いていたり。



【“Glassy”の続きを読む】

2007.04.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家/Artist

置田貴代美写真展を訪れる

置田貴代美写真展『ISHIKI-意識-』
2006年10月26日ー11月21日  CAFE ESQUISSE(札幌市中央区)

この展示を観たのは先週の雨の札幌、壁が青緑の喫茶店でした。
壁にある写真全てがモノクロに見えました。
私が気に入った写真が1つありまして、タイトルは「subconsciousness」 。薄暗く、雨の昼間の寝室のような雰囲気で、私の中で、意識という展覧会のタイトルと繋がった作品でした。





【“置田貴代美写真展を訪れる”の続きを読む】

2006.11.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家/Artist

須見祥子展にゆく

須見祥子展 OIL PAINTING
2006年5月15日-2006年5月21日
Gallery fu(田町駅近く)

須見(すみ)さんの絵は、一目では、白・水色や緑などの単色がメインです。そこに、少し抽象化された、カラフルな動物や建物などが描かれています。優しいマットな絵肌ですが、何故か胸に染みてくる寂しさも持っている絵なのです。メキシコに5年ほど滞在して絵を描かれた後、日本に戻られたころの個展を拝見したのが、最初の出会いです。


【“須見祥子展にゆく”の続きを読む】

2006.05.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 作家/Artist

«  | HOME |  »

プロフィール

升方允子/Masako Masukata

Author:升方允子/Masako Masukata
石膏を使ってガラスや墨、ワイヤーなどを組み合わせ作品を造っています。

【1979年生まれ】
2002年、多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスコース卒業。その後、2004年頃まで富山県にて制作。2005-2006年、東京田端にて制作。

2006-2008年、北海道は札幌にて暮らし、現在は埼玉にて制作。東京を中心に活動中。

このblogは、マスカタの中でふと気づいたことや制作について綴っていく。書かないと忘れる質なので・・・。そして、ここでは、輪郭のないものに、言葉の方でそれを与えている場合もあります。

このBlogも足掛け12年…不定期ですが、更新していきますので、どうぞよろしくお願いします。

升方允子

ブログ内検索